画期的な薄毛治療法!頭皮にタトゥーを入れる「メディカルSMP」とは!?

俺の妹 舞の画像
ねえねえ、お兄ちゃん!
頭皮にタトゥーを入れる画期的な薄毛治療法っていうのがあるんだって!

artmake頭皮にポチッポチッと生えてる髪の毛みたいなタトゥーを入れて、まるで髪が生えてるみたいに見せる方法なのよ!

面白いよねぇ~! 髪を丸刈りにしてる人限定だけど、まるで本当に髪が生えてるみたいに見えるんだって!

昔、女の人が眉毛のアートメイクしてたけど、それを頭皮にするって発想が面白いよね~。

お兄ちゃん、髪が薄くなったらこれしたらいいよ!

スポンサードリンク

あたかも髪の毛が生えているかの様に見せる医療技術!

墨野保志の自画像
あのなぁ・・・
俺は薄毛になんかなってないし将来もハゲたりしないから大丈夫だよ!

ただ、頭皮にまるで髪が生えてるみたいにタトゥーを入れるって発想は確かに面白いよね。

で、調べてみたけど頭皮に髪のようにタトゥーを入れるっていうのは医療行為に当たるから通常の彫師はしないし出来ないそうだよ。

「ヘアタトゥー」と称してそれまがいのサービスを提供する施設はあるみたいだけど、それはあくまで非合法の施術になるってこと。

医療用にヘアメイクとして専門にやってるのは日本では今の所「表参道首藤クリニック統合医療研究所 メディカルSMPセンター」って所だけだね。

スポンサードリンク

あたかも髪の毛が生えているかの様に見せる医療技術 この施術自体の名前が「メディカルSMP」って言うんだけど、いわゆるタトゥーとはやり方が全然違うんだそうだよ。

「ヘアタトゥー」と「メディカルSMP」の違いとは!?

墨野保志の自画像
まず、使う針とインクが違うんだ! メディカルSMPはそれ専用に開発された針と金属成分を含まない水性のインクを使ってるんだってさ。

頭皮に色素を注入することで毛根を描くんだけど、この時の針を入れる深さもタトゥーよりも浅いんだよ!

施術後の頭皮を見ても違和感が無くて 本物とほとんど見分けはつかないらしいよ。

この「メディカルSMP」っていう施術は元々イギリス発祥で、そこから各国に広がっていったんだってさ。

とは言えこの施術 かなり職人的な技術が必要な施術なんだよ、実際 植毛でさえ生え際のラインを自然にするのが一番難しいからね。

こういうのは職人気質の日本人は得意だから、イギリスで施術を受けるのと日本で施術を受けるのとじゃ多分全然違うと思うよ。

まとめ

このメディカルSMPの大きな特徴は、毛根への悪影響がないことと数回の施術で終わる事。

また、育毛・発毛治療を行いながらメディカルSMPをやることが可能なことです。

デメリットは値段が高いこと、範囲にもよりますが平均30~50万はかかります。

また、使ってるインクは経年劣化していくため定期的なメンテナンスも必要。
期間に関しては個人差があるのですが、通常は2年くらいと言われています。
ただ、メンテナンス料金は1回3万円だそうです。

治療範囲は個人差があるので、興味がある人はとりあえずメールで問い合わせて無料カウンセリングを受けてみましょう。

「表参道首藤クリニック統合医療研究所」は今のところ東京にしかなく、場所は東京メトロ「表参道駅」A1口より徒歩3分です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です