お風呂で亡くなる人は交通事故死の3倍以上ってホント?

俺の妹 舞の画像
お風呂で亡くなる人は交通事故で亡くなる人の3倍以上って聞いたんだけど本当?

特に寒い日なんかにヒートショックを起こしやすいって聞いたんだけど・・・ヒートショックってどんな症状なの?

やっぱり年配の人が多いんでしょ、お父さんやお母さんが お風呂に入る時に ヒートショックの事故を防ぐにはどうすればいいの?

スポンサードリンク

ヒートショックって何?

墨野保志の自画像
急激な温度変化によって血圧が急に上昇したり下降して体が不調になることをヒートショックっていうんだ。

ヒートショックを起こすと心臓や血管に異常が発生して突然死する場合があるんだよ、主に年配の人に多いんだけどね。

お風呂では裸になるため、体の表面の温度が下がるんだけど お湯に入ると逆に上がっていくんだけど、それの伴って血圧が急激に変化するためにこのヒートショックを起こしやすくなるんだ。

脱衣所で裸になると血圧は上がるよね、浴室に入ってからも血圧が上がり続けて お湯に浸かった直後に最も高くなるんだけど、こうした血圧の急上昇が脳や心臓に異常を起こしてしまうんだよ。

血圧変化を抑えるには

墨野保志の自画像
入浴による事故を防ぐために浴槽に浸かった直後の血圧の急上昇、入浴中の急降下の防止が重要だよ。

スポンサードリンク

■浴室・脱衣所を暖める
脱衣所浴室を暖めておけば 脱衣合意に使った直後 浴槽から出た直後 それぞれの血圧の急上昇を避けヒートショックによる事故を予防できます。

■かけ湯をする
いきなりお湯に入ると血圧が急上昇するので かけ湯をしてから入ることがいいでしょう。かけ湯は手や足などの心臓から遠い部分から行います。
手足を温めると体が徐々に温まるので血圧の変化が穏やかになり心臓の負担も少なくなります。

■熱いお湯は避ける
夏は38度程度、冬は38~40度程度の温度が適しています。
これらの温度の方が血圧の低下幅が少ないのです。

おすすめの入浴法

■シャワーでお湯入れをする
お湯を浴槽に張る時に浴室を温める事が大事。
浴室の扉を開けシャワーヘッド高い位置に置いて浴槽のお湯を入れると脱衣所と浴室を効率よく温められる。
お湯は普段のお湯を張る時の温度より3度ほど高くするとちょうどいいでしょう。

■最初は半身浴で。
肩まで入力すると温度変化と水圧の影響で血圧は大きく下がるけど、半身浴だと水圧の影響を下げられるので血圧の低下は小さくてすみます。
まずは半身浴を5分間行い、お湯の温度に慣れた頃に足し湯をするといいでしょう。

■お湯につかる温度は15分
お湯につかるのを15分程度に出すること。
特に高齢者は熱いお湯に長く入っていても暑さを感じにくいので、浴室に時計を置いて時間を計っておくのもいいでしょう。

まとめ

ヒート食の事故を防ぐには
浴室脱衣所温める」「浴室に入る前にかけ湯をする」「熱いお湯は避ける
ヒートショックを起こさないためには以上のポイントを守って温度の急激な変化を避けることが重要です。

脱衣や お湯に浸かると血圧が急激に上がりますが、その後は急に下がります。

浴槽から出るために立ち上がると血圧がさらに下がり、お湯から出ると急に上がるが服を着ると再び下がります。

入浴時の温度変化などに伴う血圧の急な変化が事故につながるのです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です