インフレエンザのワクチン以外の予防法や感染後の注意点って?

墨野華の自画像
今年も寒い冬がやってきたわね~。

ニュースなんかじゃ毎年のようにインフルエンザの予防ワクチンや抗ウィルス薬が話題になるわよね~。

風邪とインフルエンザの違い自体よく分かってないんだけどインフルエンザは高熱が出るんで好きじゃないのよね~。

子供の発病も気になるし~。
ワクチン以外のインフレエンザの効果的な予防法や かかった場合の注意点なんかあったら教えてよ。

インフルエンザと風邪は違う?

墨野保志の自画像
調べたけど・・・。
インフルエンザはいわゆる風邪と同様にウィルスの感染によって起こる病気なんだ。

ただインフルエンザの場合、風邪よりも症状が重く感染力が強いんで風邪とは区別されるのが一般的。
でも、お医者さんによっては同じ病気だと言う人もいるんだよね。

また風邪に直接効く薬は未だに無いんだけどインフルエンザには有効な薬がある、ということになってるね。

通して何度もかかるものなの?

墨野保志の自画像
インフルエンザウイルスは主にA型とB型に分類されA型にはさらにいくつかの型があるんだ。

スポンサードリンク

年によって流行する型が異なり、しかも同じ型でも少しずつ変異するため免疫がつきにくく何度もかかることがあるんだよ。

ただ一度かかった型なら感染しても症状は軽くて済むんだけど、ひと冬の間でも違う型のウィルスに感染すると2~3回かってしまうこともあるんだ。

ワクチン以外の予防策は?

墨野保志の自画像
インフルエンザウイルスは主に飛沫感染するんで感染者が1メートル以上離れ、咳や鼻水を直接浴びないことが予防のポイントだね。

まだ流行期は人ゴミを避け、外出時にはマスクをつける、帰宅後は手洗いうがいをする というのを心がけるだけで大分違うよ。

また感染を広げないために咳や鼻水の症状があれば必ずマスクをすることを徹底することも大事だね。

家族の誰かがインフルエンザにかかった場合は、全員がこまめに手洗いうがいを行い 家の中でもマスクをつけて家族の間で感染を防ぐことが重要だよ。

まとめ

インフルエンザは昔からある病気で正しく理解していればそれほど怖い病気ではありません。

特に感染予防にはマスクが大事。
マスクには感染を防ぐ効能はありませんが、喉の乾燥を防ぐという意味においては感染を防ぐ効力があるとも言えるのです。

発病している場合は感染を予防する効果も有りますし、幼児でも3歳頃からマスクをつけられるでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です