夜中に子供が膝や脛を痛がる成長痛、見分け方と対処法ってあるの?

墨野華の自画像
この頃、子供が夜中に膝や脛のあたりをひどく痛がって困ってるのよ~。

でも朝にはケロッとして走り回っていたりして・・・病院で診てもらっても異常は無いっていうし。

これって、もしかして成長痛なの?

でも他のケガや病気との見分け方が分からないし、子供が痛がった時の対処法なんかあったら教えてよ!

スポンサードリンク

「成長痛」って何?

墨野保志の自画像
調べたけど・・・

成長痛っていうのは、3~6歳位の子供が膝や脛・足首などに痛みを訴え、医療機関で検査をしても原因が見つからない場合に呼ぶ医学用語なんだよ。

この痛みは夜中から朝にかけて起こることが多く、昼間にはほとんど痛がらないんだって。

原因は、子供が体が大きく成長し運動量も増えてくる時期に下肢にかかる負担が大きくなることが重なることが痛みの背景にあると考えられているんだ。

また、小さい子供は「足がだるい」「足が重い」といった表現ができず、足が疲れたことを「痛い」と言う場合も多々あるようだけどね。

ケガや病気と見分けるポイントは?

墨野保志の自画像
成長痛というのは外観に変化は見らないんで、足が痛む部分に腫れや赤み、熱感があるなどの場合は打撲や関節炎などが疑われるね。

スポンサードリンク

こうした症状がなくて昼間は元気に外で遊べ 夜になると痛む場合などは成長痛が考えられるんだ。

成長痛は自然に治るので特に治療は必要ないんだって。

だから親はあまり過度に心配せずに様子を見ることが大事だってことだね。

夜に痛がる時の対処法は?

墨野保志の自画像
母親が優しく声をかけたりさすってあげることで子供は不安を和らげ安心して眠れることが多いんだ。

ちなみに、成長痛の場合痛み止めの効果は無いんだってさ。

痛み止めには胃腸障害などの副作用の心配があり、他の病気が隠れている場合にその発見を遅らせてしまうことがあるんで、安易な使用は控え 使用する場合は医者の指示に従うことが大切だよ。

小学校の高学年から高校生くらいの子供が運動事に膝の痛みを訴える場合は、膝の軟骨に障害が起こす病気の可能性があるけど、成長に伴って治るんだって。

ただ、痛みの強い時期は運動の制限も必要だね。

まとめ

成長痛というのは子供の身体の成長が早くその弊害で骨に痛みを感じてしまう症状で、病気ではありません。

効果的な治療法もありませんので親御さんは過度に心配せずに、暖かく見守ることが大事になってきます。

成長痛は、基本的に膝や足首の関節・膝の皿の下など骨に関係する部分に起きる症状で筋肉に起きるものではありません。

ただ強い足の変形があったり、歩くのが遅いなどの場合は先天的な骨や筋肉神経の病気の可能性もあるので「おかしい」と感じた場合は整形外科で相談すると良いでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です