子供の体重が気になる!肥満児にさせないために出来ることって?

墨野華の自画像
子供(1歳6カ月の女の子)の体重が増え続けて、標準体重よりどんどん太ってきてるのよ~。

好き嫌いなく何でも食べるんで、世話がかからないんだけど・・・。

このままどんどん太って肥満児になってしまうのがとっても心配!

適度な運動なんかもさせてるんだけど、痩せるような気配が全くないのよねぇ~。

子供の体重管理、食事の管理なんかはどうしたらいいの?

このままドンドン際限なく太ってしまうのが怖いよぉ~!

スポンサードリンク

子供の適正な体重は?

墨野保志の自画像
子供体重はいつでも気になるものだよね。

赤ちゃんの時はちゃんと育っているだろうかとオロオロし、もう少し成長すると太り過ぎ痩せすぎと食事の量が心配なり側で見ている親にとって子供体重は凄く気になる。

では、健康な体重や体型ってどう判断すればいいのか?

実は肥満でも痩せでもない健康な体重を「適正体重」と言うんだ。

子供の適正体重は小学生未満は母子手帳に載っている「発育曲線」、小学生以降は文部科学省の調査に基づいた「身長別標準体重」を参考にするといいよ。

ただし、そもそも体重には個人差があるので 多少肥満体型あるいは痩せ体型でも食生活や運動習慣に問題がなく健康であれば適正体重の数値にあまりとらわれる必要はないんだけどね。

スポンサードリンク

子供の体重で注意することは?

墨野保志の自画像
生後3ヶ月ぐらいまではちゃんと母乳やミルクを飲んでいるか食べているかが特に心配なるよね。

赤ちゃんの体重は食事やウンチの前後で大きく変わるので体重の変化は一週間おき位を目安にグラフに記入して発育曲線のカーブに沿って増えているかどうかを確認するのが一般的。

カーブに沿っていれば多少適正体重の範囲から外れていても大丈夫だよ。

カーブが平坦になったり下降線をたどるといった場合は小児科を受診して授乳や食事に問題がないか病気は内科などについて調べてもらうといいよ。

子供の肥満が心配なら食事を制限したほうが良い?

墨野保志の自画像
赤ちゃんが母乳やミルクをたくさん飲んで肥満になること非常に稀なのでホルモンの病気以外にはありえない。

ミルクは赤ちゃんが満足するまで好きなだけ飲ませてあげるといいいよ。

幼児期の食事で気をつける事は、変食にならないよう野菜も肉も野菜もなんでもバランスよく摂らせようね。

子供が好むからといって甘い味付けのものをや炭水化物ばかりを食べられるのはよくないんだ。

子供は大人以上にすぐにエネルギーになる甘いものを好む傾向があるけど、糖分の取りすぎはインスリンのバランスを崩して肥満を招くし甘い味慣れてしまうと甘くなければ満足できなくなってしまうからね。

当分は食事を摂る時には ご飯やパンなどの炭水化物の味付けは薄く、甘いのはおやつ位にしましょう。

まとめ

お母さんが栄養バランスを考えて作った食事を子供はたくさん食べても病的な肥満になることはありえません。

小学生から高校生ぐらいにかけては体に脂肪が付きやすい時期なのでぽっちゃりした体型になりやすいのです。

気をつけなくてはならない食生活は生活習慣に問題があって起こる肥満だけです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です