大食いや早食いは将来健康的な生活を損なう危険性が!

墨野華の自画像
大食いや早食いは健康を損なう危険性があるって聞いたんだけどホント?

確かに大食いや早食いは胃に負担をかけるから体に悪いっていうのは想像できるんだけど・・・。

最近、特に中高年の男性に不満が肥満が増えているのは、この大食いや早食いが原因じゃないかって思うんだけど。

実際 日本人が食事にかける時間は短いと思うし、現状で様々な病気の重要な要因である肥満は年々増えてるわよね。

早食いの人ほど太りやすい

墨野保志の自画像
食べるスピードと肥満の関係を調べてみると食べるスピードが早い人ほど太りやすいというハッキリとした結果が出てるんだ。

細木数子さんも大食いの人は「因縁喰い」と言って忌み嫌ってるしね。

肥満対策の一つとして、大食いや早食いを避け食物をよく意識しながらゆっくりと噛んで食べることを勧められてるよ。

食事中に会話することも良いことだそうだよ。

昔は食事中に会話するのはマナー違反とされてたそうだけど、食べているものについて家族や友人と食事しながら会話をするのも良いそうだよ。

スポンサードリンク

こんな感じで食事の意識を変えるだけでも食べる量やかける時間も変わってくるんだってさ。

高齢者が意識して取りたい栄養素

墨野保志の自画像
近年問題なっているのが高齢者の早食いだよ。

高齢者の大食いは少ないんだけど早食いは意外と多く、これは健康面から言っても大問題。

食事の摂取エネルギーが少ない状態が続くと免疫の働きが低下し肺炎などの呼吸器の病気にかかりやすく、また年をとると筋力が低下するため、早食いなどをすると体に負担がかかってしまうんだ。

若い頃から早食いの習慣がある人は今のうちから気をつけて、意識してゆっくりと食べることをしておくべきだね。

ちなみに、高齢者が意識して取りたい栄養素が免疫の働きを高め、筋肉の元になる「タンパク質」だよ。

年をとったら肉や魚に限らず十増やす卵などタンパク源を積極できに取る必要があるね、ただし早食いは禁物だよ。

まとめ

高齢者は食事だけでなく運動で筋肉をつける必要がある高齢者は食事の摂取エネルギーが不足する方が大問題。

年をとると免疫働きが落ちて病気になりやすなど筋力が低化して、風邪を引きやすくなります。

よく運動するとお腹が空いて食欲が刺激されタンパク質の摂取が増えます。

すると筋肉がつき、ますます活動量が増えるといと言う良い循環が生まれます。

運動といても日常生活の中でこまめにもことをまず心がけましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です