汗で子供のアトピーが悪化するの?汗はかかせない方がいいの?

墨野華の自画像
こないだ、子供がかゆがるんで病院に行ったらアトピー性皮膚炎だって言われちゃった!

ほんのちょっとの皮膚への刺激でアトピーが出るんだけど特に汗で困ってるのよ~。

まだ5歳なのに軽い運動をするだけで汗をかくんだけど、そこで汗のせいでチクチクした痛みとかゆみが発生して 皮膚をかいちゃうとアトピーが余計に酷くなっちゃうのよ~。

出来るだけ汗をかかせないように、運動はさせないようにはしてるんだけど。

やっぱアトピーの場合、出来るだけ汗はかかないほうがアトピー治療にはいいんだよね?

スポンサードリンク

「アトピー性皮膚炎とは」

墨野保志の自画像
アトピー性皮膚炎は最近では皮膚のバリア機能の低下が発症に関連すると考えられているんだ。

バリア機能が低下するとアレルゲンなどが侵入しやすくなり、その結果皮膚の炎症が引き起こされるんだよ。

アトピー性皮膚炎の根本的な治療はまだないけど、医者の指導に基づいた正しい薬物療法受けると同時に適切なスキンケア行えば湿疹やかゆみなどの症状コントロールして上手に付き合っていくとは可能だよ。

正しい治療に出会い人生が変わったという人も多くいるよ。

ところが患者の数が増えることによって ステロイド剤を薬の使い方やスキンケアの方法を誤解していたり、根拠が不明瞭な情報に振り回されてかえって症状はを悪化させるケースが後を経たないのが現状なんだよ。

スポンサードリンク

スキンケアの基本

墨野保志の自画像
スキンケアの基本は「洗う」と「保湿する」の2つ。

僕達の皮膚には汗やほこり・カビ・細菌・アレルゲンなどが皮脂に混じって付いてるんだ。

それらはアトピー性皮膚炎で炎症起こしている部分にも付いているため、まずはジグジグしている部分を石鹸を使って優しく洗うことが大切だね。

保湿の方法

墨野保志の自画像
入浴直後の肌が潤っている時に保湿剤を使って保湿をすれば皮膚バリアのかわりに水分の蒸発や外からの刺激を防いでくれるよ。

保湿剤には皮膚の表面を油脂で覆いワセリン等の保湿効果のある尿素やセラミドなどを含んだものが多いよね。

保湿剤には軟膏・クリーム・ローションなどがあるので季節や気分によって好みに合ったものを使えばいいよ。

ただし刺激の少ないものを選ぶこと。

保湿剤は毎日すくなくとも毎晩入浴後にするといいけど、保湿剤を携帯しこまめに使うのも良いよ。

バリア機能を守るために保湿剤を習慣とし皮膚の症状が改善しても続けるのが基本だね。

まとめ

汗が長時間かいていると汗の成分が皮膚を刺激して症状が悪化することが多い。

このため汗はできるだけかかない方が良いと考えがちですが、最近の研究では汗をかかないようにしている人の方がアトピー性皮膚炎の症状が改善したという報告があります。

汗には皮膚をうるおしバリア機能高める働きがあり、皮膚汗をかけるようになると皮膚の機能が改善したという報告があります。

アトピー性皮膚炎の人も積極的に体動かし汗をかくことをお勧めします。

ただし、汗をかいたらこまめにシャワーで洗い流すか濡れたタオルなどで拭くなどのことをしてください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です